カラコンの問題

カラコンは、その使い方によって、目に障害を生じたり、危険な部分もあります。そのように問題点を見てみたいと思います。

★一部カラーコンタクトに有害な物質が入っている

まず、カラーコンタクトには2種類あり、1つが医療用のもの。そしてひとつがおしゃれ用のものです。
そして、おしゃれ用のものは著しく安全性が低く、色素が溶けたりすることにより、そして。誤った使用方法により、目の炎症など、トラブルがが起きたりする場合もあります。それゆえ、使用時は注意して装着してもらいたいものです。

★安価なものには粗悪品が多い
2009年以降はカラーコンタクトは医療機器のものしか残っていません。ですので、余り安価なものはファッション用コンタクトとして残っているものとして考えられます。そういう観点から見ても、余り安いもの。医療機器という証明がないものは手にされない方が無難だと思います。

★そもそも視力矯正のもの
これは注意点にもなりますが、そもそも、コンタクトレンズは医療機器だということです。確かに一時的なおしゃれ、ファッションとしてカラコンを入れることはダメなことではありませんが、コンタクトレンズは本来医療機器です。ですので、目に入れるために様々な制限。検査が必要です。ですから、そういうのを踏まえて使わなければ、目のトラブルになってしまいます。十分注意して使用してください。


カラコンを装着する時は、注意して使用してもらたいと思います。

 

カラコンの種類

現在出ているカラコンのには、その種類も多く、使う人によって様々ではないかと思います。
例えば

黒コンですが、これは、
ブラックグラデーションは瞳孔に近い部分がグラデーションになっていて自然に黒目がはっきりとします。ブラックサークルは日本人の瞳の色になじみやすいダークグレーの輪郭によるディファイン効果で黒目をくっきりと演出されます。ブラックグラデーション、サークル共に直径14mmですので黒目がはみ出る心配はありません。日本の方には最適なカラコンではないかと思います。

次に、ビッグアイですが、黒いフチが入ることによって、瞳全体を大きく、
はっきりと見せる効果が絶大です。いわゆるデカ目効果ですね。それでいて、全体的にどの色も色味を抑えることによって、目だけが浮いてしまうようなことはなく、自然にカラコンを楽しむことができる大人のカラコンです。 ナチュラルリング、ドールアイは待望の黒コンシリーズです。自然に黒目がちの大きな瞳が手に入ります。直径14mmですので黒目がはみ出る心配はありません。


また、2色グラデーション 3色グラデーション
がありますが、2色ものはフチが有り、 2トーンの配色で薄い茶色がフチ部分になりますので本来の日本人の目から自然なグラデーションになります。 輪郭を強調することで瞳が大きく見える効果があります。

また3色は、フチが有り、 3トーンの配色になります。
若干濃い茶色がフチ部分になり輪郭を強調することによって瞳が大きく見えます。 最も内側の部分にも薄い茶系の色が配色されていますのでブルーやグリーンなどの鮮やかな色もうまくもとの瞳の色とグラデーションになり、丁寧な仕上がりのレンズです。

このようにカラコンは、その種類によって沢山の人に使われているのではないかと思います。

カラコンの用途

カラーコンタクトレンズは10代〜20代の若い女性に人気で、その最大の魅了は、さまざまな色やデザインを楽しみながら自分好みのお洒落な目元を演出できるということです。いわゆるおしゃれに使われていることが結構多いのではないとか思います。


最近では、ファッションアイテムとして、視力が悪くなくても使う人が増えています。カラーコンタクトは種類もカラーも豊富で、人気モデルがプロデュースしたものなども発売されていて、若者には特に人気です。タレントさんにも着けている方が結構多くまた直接宣伝されている方もいます。


このように、手軽に雰囲気を変える事ができるので、アクセサリーのひとつといった感じで使用しています。一般的にはおしゃれのために使う人が多く、タレントやモデル、キャバ嬢が仕事で、ビジュアル系アーティストがライブで、コスプレマニアの人などが趣味でよく使っているようです。


そして、カラコンは種類もカラーも豊富なので最近では、その使用範囲も増加してきているのでは
ないかと思います。もちろんその種類によって、使い方も変わってきますが、おしゃれという部分は共通して使われているのではないかと思います。最近では男性も使用している人が結構多くなってきているので、それも裏付けになっているのではないかと思います。